妊婦さんへ

鍼灸師からのメッセージ

東洋医学では五臓六腑(内臓)と体表(皮膚)をつなぐ目には見えないルートを経絡
と呼び、その中に体を滋養するエネルギー(気・血・津液)が流れていると考えます。
鍼灸治療は全身を巡る経路をエネルギーが滞りなく流れるよう調整します。

手足の冷え、のぼせ、妊娠出産にかかわる骨盤内の血行も改善し、お母さんとお腹
の赤ちゃんが気持ちよく過ごせる環境を作るお手伝いをいたします。

また、全身が整うと自律神経のバランスがとれ、自己免疫力もアップします。
肩こり、腰痛だけでなく小さなマイナートラブルにも対応し、お一人おひとりの幸せな
マタニティライフを応援します。

 <お母さんとお腹の赤ちゃんのためのお灸>
胎動を感じたら、ご自宅でもお灸を始めましょう!
症状によってツボを足したり、後期になったらお灸の数を増やしたりします。
お灸のすえ方は、現在、治療の中でもお伝えをしていますが、正しいツボの位置を
知りたい方、お灸に関心のある方のために「勉強会」を開催しています。

詳しくは 妊婦さんのための「お灸倶楽部」 をご覧ください。